So-net無料ブログ作成

幻..1920年代14金無垢ピンクゴールドトノーケースフレキシブルラグ★PAUL MOSER/ポール・モーザー★ビザン数字文字盤12レッドトップ ここで安心購入!


幻..1920年代14金無垢ピンクゴールドトノーケースフレキシブルラグ★PAUL MOSER/ポール・モーザー★ビザン数字文字盤12レッドトップ


パテック フィリップってどうやっても買えないですね。

私もかなり探しまわりましたが、
結局パテック フィリップは、こちらがちゃんと手に入るようです。


やはり、現実的にここのサイトでしか購入できないでしょうね。



幻..1920年代14金無垢ピンクゴールドトノーケースフレキシブルラグ★PAUL MOSER/ポール・モーザー★ビザン数字文字盤12レッドトップ

>>この商品についての詳しい情報はこちら





淡いピンク色に奉ずるボディーのセンターから12、6時位置へと流れるボディーラインを独創的に表現したトノーカーベックスという世界。1920年代アールヌーボーからアールデコの狭間に古きものと近代的創造の一つの表現方法としてトノーは誕生した。そのケースからは可動式のラグが14金無垢としてのトノ-ケース同様そのピンクゴールドの淡い輝きと共に光に伴う美しさの源としてトノーに担う役割としたそのビザン数字というクラシカルなアラビアン数字をシルバーのメタルダイアルにセンターのレールスケールの外周を大きく描かれている。それは12時位置のレッドトップの12ナンバーのように彫り込んだ部分に溶液を流し固めたようなクオリティーの高い作りから、何度も塗り重ねたように1~11時までのアラビアン数字にも力強く丁寧に、より当時の職人の匠の技を感じることが出来よう。当然その証はこのトノーケースのハンターバックのインサイドに深く刻まれたようにこの一品の真実の証が存在した。
その証の56という数字はロシアの14金無垢を表すナンバーであり、その56を頭に載せたようなロシアの女性を刻んその紋章は1908年から1926年までにこの一品が製造された証であり、LKはこの金無垢という素材を認定した業者、若しくは製造した業者のスポンサードマークであり、この一品のストーリーの主人公となる機械に刻印された”P.MOSER”であるようにこのロシアン市場のゴールドマークが物語るドイツというタイムピースの歴史を育む。P.MOSER…”PAUL MOSER/ポールモーザー”という一人の偉大な時計技師が育んだスイスメーカーであり、ハイリッヒ・モーザーのようにスイスのシャウハンセンに鉄道、電気、水路などを反映させロシアとの強いパイプラインを築き上げたように、ポール・モーザもモーザ一族としてロシアへ販路を築いていった。創業は1755年と言われ、1975年にクオーツショックとオイルショックにより解散した。この一品はポールモーザが1922年から1926年の間スイス、ビエンヌ工場で製造され、ロシアへとインポートされた一品であることが伺える。センター部分が竜頭を入れると30mmとなり44mmの縦径となるトノーケースはかなり大きく感じる。腕に装着した時のラグの可動部分のフレキシブルな感覚は最高のストーリーとなり、この14金無垢ピンクゴールドという奇跡とも言うべく高貴な漂いは一目見ただけど虜にしてしまうほどの最高のオーラとなりあなたを幸せへと導くこととなろう。
★★★ PAUL MOSER  ★★★
14K Pink Gold "BIG TONNEAU" Arabic numerals W/Flexble Lug 
14金無垢 "44mm ビッグトノー" ビザン数字レッドトップ12 W/フレキシブルラグ
★ 動作コンディション(当社動作保証3か月有り) ★

>>この商品についての詳しい情報はこちら